« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

REBOOT34_ボール盤

ボール盤でホーニングしてみる。
我が家のミニボール盤じゃ懐が足りん。
20160213_002


ヘッドを振って、ちゃぶ台にセット。
ひっくり返らないようにクランプで固定はしてある。
この状態でグリグリ回す。
20160213_004

いい感じでシュリシュリ動いていたのだけど、ミニボール盤には過酷な作業だったらしく、電動機過熱で煙が上がってきた。
あわてて作業中断し、濡れ雑巾で看病しながらの作業継続となった。
20160213_006

電動機温度を放射温度計で監視しつつ、シュリシュリ時間を計測し、砥石がビビらないようスピンドルを上下させたり、油を注いだり。
手放しで30分ぐらい放置したかったのに、付きっ切りの作業だわ。
5分運転したら、25分冷やして看病する。

今回のシリンダーはヤクオフ入手の方になる。
うまく磨けるか、研磨時間や要領を掴む実験献体になってもらった。

このシリンダーもサビ跡がある。
縦キズが結構ひどい。
ただ、ボア径は最小56.03,最大56.06と、MYシリンダーより幾分マシだったりする。
SMの標準値は56.000~56.012 使用限度は56.10になっている。
20160213_005

シュリシュリ30分後はこんな感じ。
5分運転25分看病で30分磨いたのだよ、疲れるわ..。
20160213_008_3


ふむ、、がんばったんだけどねぇ。
#3シリンダーなのだけど、施工前は、
縦方向
上から10mm位置=56.049mm
上から60mm位置=56.053mm
下から20mm位置=56.059mm
横方向
上から10mm位置=56.033mm
上から60mm位置=56.034mm
下から20mm位置=56.046mm

施工後は、
縦方向
上から10mm位置=56.073mm
上から60mm位置=56.055mm
下から20mm位置=56.060mm
横方向
上から10mm位置=56.049mm
上から60mm位置=56.035mm
下から20mm位置=56.046mm

狭かった上から10mm位置がよく削れて、サビがある中程はあまり削れてないんだな。

次回MYシリンダーをやる時は、この辺を考慮して作業するとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

REBOOT33_錆色

結果も出せず、見通しも立たず、経過だけを垂れ流す素人施工のダメブログを今日も更新するよ。

エンジン開けた。

20160211_018

4発ともベタベタ。
オイル上がりだけでなく、ヘッドもまだ怪しい??

20160211_004


20160211_017

シリンダーから確認作業に入る。
素人作業だけどね。
20160211_019

測定位置を簡単に出せるように冶具を作ってみた。
20160211_020
穴にボアゲージを差し込めばおK。
20160211_021

測定記録が済んだらホーニングツールで磨く。
20160211_022

磨いたら測定する。
茶色っぽい色は全て取れて、きれいな銀色になった。
寸法は変化無し。
ホーニングツールは磨けても削れないのだね。

サビ跡がはっきり浮き出てきた。
ツメに引っかかる程ではない。
20160211_030
この程度のサビでもオイルが上がるのだろうか。
ホーニングには電動ドライバー使用した。
回転数はかなり遅めの170rpm。
1気筒につき10分位は回したろうか。
ボール盤でぶん回したら、サビ跡が取れるくらい磨けるのだろうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »